米肌の主成分「ライスパワーNo.11」とは

米肌に含まれる潤い線分「ライスパワーNo.11」とは、 どういった成分なのでしょうか。 単刀直入に言いますとお肌から失われていく潤いを作り出すということです。 ライスパワーには機能の異なる36種類のエキスがある中、米肌ではあえてNo.11を選んでいます。 これは米由来の数十種類のアミノ酸やペプチドなどが、 バランスよく配合されているという点も注目していますがそれ以上に着目したのが、 医薬部外品の効能なのに唯一「水分保持機能の改善」が立証されている成分だからです。
水分保持機能の改善が立証されている原因は、ライスパワーNo.11がセラミドを産生するからです。 セラミドとはお肌に潤いを留める成分として有名です。 よく化粧品などに配合されているのでなじみがあるのではないでしょうか。 これをなんと「作り出す」ということなのです。

お肌に元々ある天然成分セラミドは年齢とともに失われていきます。 そのメラミドを産生するということはいつも潤いが失われず水分を保持できるということなのです。 セラミドが増えるとお肌のバリア機能も向上します。 また肌の角質の奥まで水分が行き渡るので潤いを持続でき、シワやたるみを防ぎ決めも整えます。 キメを整えると毛穴の開きが目立たなくなって肌が明るくなっていきます。

トップページに戻る>>