にきびと乾燥肌の関係

乾燥肌でお困りの方の中には、ニキビもできて困っている人もいるでしょう。

脂質肌の人がニキビ肌だと思っている人も多いですが、実は乾燥肌ニキビというものがあります。

 

どうして、乾燥肌でもニキビができてしまうかというと、肌が乾燥することで余分に皮脂を出そうとする働きのせいなんです。

 

肌にはバリア機能という働きがあります。
これは、肌に皮脂などの潤いを与え、乾燥などから守る為です。
肌が乾燥している乾燥肌状態だと、皮脂を出して守ろうとする働きも強くなります。

 

また、常に乾燥肌の場合、毛穴も細くなるので、ちょっとした皮脂でもニキビができてしまいます。
毛穴が細くなっているので肌の新陳代謝も悪く、治りにくいのも乾燥肌ニキビの特徴です。
乾燥肌だと保湿成分が含まれているクリームなどを使うことも多いでしょう。

 

保湿クリームも成分を確認してから使うことが重要

保湿クリームを使いすぎると一時的に乾燥肌が良くなっても、かえってニキビができやすくなることがあります。

界面活性剤などが入っている保湿クリームは逆効果ですので、アミノ酸などが配合されているパックなどを使いましょう。
パックで肌の調子を整えると一時的な保湿よりも乾燥肌を改善しニキビ予防になります。

 

セラミドなど肌の水分を保つことができるパックを使うことで乾燥肌やニキビが良くなったという人もかなりいらっしゃいます。
洗顔や睡眠、生活習慣や食事など、生活全体で乾燥肌を改善していけば、おのずとニキビも減っていきます。

 

 「米肌」のお試しセットは14日間たっぷり!トップページへ戻る