乾燥肌の場合かゆみが伴うことがほとんどです

乾燥肌の方は、皮膚が乾燥することによってかゆくなることも多いのですが、どうしてかゆみが起こるのでしょうか?

 

人の肌は自分の肌を守るためのバリア機能というものがあります。
このバリア機能は、肌が荒れたり、乾燥したりすることで弱まってしまうのです。
バリア機能が弱くなることで、少しの刺激で肌がかゆくなります。

 

例えば、木綿系の服を着ていても、肌が敏感になっていてかゆくなる場合もあるでしょう。
また、バリア機能が弱っている皮膚を掻くことにより、更にかゆみが増すこともあるのです。
今まで使っていた基礎化粧品が合わなくなるようなことも乾燥肌でバリア機能低下により起こりうるのです。

 

お風呂上がりなどもかゆみが増すのでつい掻いてしまわないように

乾燥肌でかゆみが増すのは、服や外部からの刺激ばかりではなく、体が温まったときにも起こります。

例えば、お風呂上りに乾燥肌の人は肌のかゆみを訴えることが多いです。
ついつい掻いてしまって肌が傷ついたり出血したりと、乾燥だけでは済まされないことになるのがお風呂上がりの油断です。

 

お風呂に入ると血行が良くなりますが、乾燥肌だと血流が良くなるだけでかゆみが起こります。
お風呂上りはかゆみが出る前にすぐ保湿した方が良いでしょう。
毎日欠かさずすることでかゆみはかなり改善されます。

 

乾燥肌のかゆみを抑える為には、基本的に保湿剤などを使用しますが、ひどい場合は皮膚科治療をおすすめします。
かゆくても掻いてしまったら皮膚の状態が悪化しますので気を付けましょう。

 

 「米肌」のお試しセットは14日間たっぷり!トップページへ戻る