乾燥肌の保湿ケアで気をつけたいこと

乾燥肌になってしまう原因のひとつに過度な洗顔や肌をこすって強い刺激を与えることがあげられます。

肌にメイク汚れなどが残ってしまうことは確かに肌にはよくないことだとしても、洗浄力の強すぎるクレンジングを使ったり、
ごしごしと力を入れてこすったりすることは肌の乾燥を自ら進めてしまうことにつながります。

 

よく言われたように、たっぷりと水分を与えてから油分でふたをするという保湿ケアは、
実は乾燥肌にはあまり良い影響がないと言われています。

 

しかも肌が乾燥気味だからと言ってただ水分を与えるだけだと、
水分が蒸発する際に肌表面から潤い成分を奪ってしまい、さらに乾燥肌に傾いてしまうことが考えられます。

大切なことは肌本来のバリア機能を回復させること

乾燥肌のための保湿ケアで大切なのは細胞間脂質や天然保湿因子を自力で補えるように肌機能を回復させることです。

洗顔やクレンジングをした後、肌のバリアが取り除かれて無防備な状態になったままにせずに、
自分自身の細胞が保湿機能を回復させるまでの間に天然保湿成分のNMFなどを補うための保湿ケアをすることで、
肌機能が回復するまでの応急的な処置ができます。

 

こうしたことを考えず間違った保湿ケアを繰り返せば、
せっかくのお手入れがかえってシワのできやすい状態を作り出すことになりかねません。

 

 「米肌」のお試しセットは14日間たっぷり!トップページへ戻る